女性ホルモンとストレスの関係!肌年齢・生理不順・体調悪化

MENU

女性ホルモンとストレス

 

女性ホルモンとストレスは密接に結び付いています。

 

多くの働く女性は、これらのバランスが崩れることで体調を崩したり、肌の調子が悪くなったり、定期的な生理が来なくなるという事態に陥ります。

 

⇒「ストレスからくる病気」についてはこちら

 

では、「女性ホルモンって具体的にどういうものなの?」というと、まず女性ホルモンには2つの種類があります

 

エストロゲン」と「プロゲステロン」です。

 

エストロゲン

エストロゲンは別名、卵巣ホルモンと呼ばれるほど、卵巣排卵を制御するなどの働きをもっており、一般的に男性よりも生成量が多いとされています。

 

また、排卵や生理だけに作用するだけでなく、脂質代謝を制御したり、インスリン作用やメンタル面での女性化、体を女性的に保つなどの働きも担っています。

プロゲステロン

プロゲステロンは別名、黄体ホルモンとも呼ばれており、卵巣の黄体から合成される女性ホルモンの一種です。

 

こちらも女性の体の働きを制御するもので、妊娠をサポートしたり、月経を安定的に保ったり、体温や血糖値を正常に保つ働きがあります。

 

そして、これらのホルモンの働きのすべてが解明されているわけではなく、女性だけに作用するわけではありませんが、ストレスを受けると正常に機能することができなくなり、エストロゲンやプロゲステロンによって生理や月経を正常に保っている女性は体調を崩しやすくなります。

 

ストレスを過剰に受けたり、一時的にショックな出来事や環境の変化が起こったりすると精神や脳に異常が起こり、ホルモンを生成する体への指令が出せなくなります。

 

そうなると、これまで適切にバランスよく生成されていた女性ホルモンが過度に少なくなったり、過剰に増大したりして、それまで起こらなかった心身の不調が起こることになります。

 

ニキビができた女性

生理が不順になることがもっとも象徴的ですが、肌が乾燥したり、ニキビが出来たりと、体の表面にも異常がきたす場合が多々あります。

 

精神的な崩れうつ病パニック障害などの内面にも異常がきたす可能性があります

 

女性ホルモンを正常につくり続けるためには、外部から来るストレスをコントロールすることが大切です。